09<< 2017/10 >>11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-05-31 (Thu)
幼稚園の年中~小5の2月まで、練習に励んだ体操。
それも、クラブへ挨拶に行き、終わった・・・。


選手コースになってからは、電車を乗り継いで
1時間半くらいかけてクラブへ行き、
平日3時間半の練習。
帰宅すると、22:30。寝るのが23:30。

土曜日、休日。

日曜日は、10:30~17:00までの練習。


そういう生活だった。体操を中心に考えるスミで、
「クリスマス会へ行こう。体操は休むように。」
と言ったとしても、
「一日、一日が大切なんだよね。休みたくない。」
と、譲らなかった。

それでも、無理に休ませて連れて行くと
時計ばかり気にして、
「今、いけば間に合う。」
と、途中で帰るくらい体操漬けだった。


そんなスミだったが、自分で
「僕はもう体操をやらない。」
と、決めた。
決めたからには、スミの気持ちを尊重したい。

クラブへ挨拶に行くと、コーチが
「スミが、いつ戻ってきても体操ができるように待っている。」
「スミが、別の道を選んだとしても、僕たちは応援し続ける。」
「体操だけではなく、他にもスポーツはいろいろあるし、
勉強を頑張るってうことだってある。」
「いろんな報告を待っているから、遊びに来てほしい。」

と、優しさに満ち溢れている言葉ばかりいただく。
スミは、他のクラブから移籍させてもらい、
温かくご指導いただいていた。

最後に、コーチとスミが握手をした瞬間。
時報なのか、音楽が流れる。
絶妙のタイミングで、寂しさを誘う。

私は、泣くはずもなかったのに、
涙がこぼれて止まらなかった。
クラブの駐車場を出ても、また涙が溢れてきて、運転に困った。

「よく今まで、苦しい練習を頑張ってきたね。スミ、お疲れ様。」
と、声をかけたら、スミは、
「母さんも、今日はお疲れ様。行ってくれてありがとう。」

その夜、学校の宿題の日記を読んだら、
体操をやめました。と綴られた中に、一言。
「母さんが泣いて、僕は困りました。」
スポンサーサイト
* Category : 出逢いとわかれ
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: タイトルなし * by mee
非公開さん、コメントありがとうございます。
私も、体を動かすぐらいの体操を再開してほしいなぁ。
と思います。ヨガでも、いいんですが…。

病気になってから、少しの動きも頭に響くと言って、
動かせなかったから、開脚もスムーズに開きません。

スミも、習うまではいかなくても体操をしたい。
と言っています。

でも、やはり再発は怖いので、
ピットがある設備が整った所で、…ですね。

ブログを拝見いたしました。
お写真がいっぱいでステキですね。
これからも、よろしくお願いいたします。

コメント:







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
まとめtyaiました【体操クラブへの挨拶】
幼稚園の年中~小5の2月まで、練習に励んだ体操。それも、クラブへ挨拶に行き、終わった・・・。選手コースになってからは、電車を乗り継いで1時間半くらいかけてクラブへ行き、... …
2012/05/31 21:49 まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: