09<< 2017/10 >>11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-11-02 (Fri)
スミは、本当に脳脊髄液減少症だったのだろうか?
学校生活での制限は一切なしになってしまっている。

「何でもやってみたい」のスミにとったら、
制限があっても、例え頭痛が起こるリスクがあっても、
やってみて、もしダメだったら保健室。の構図ができあがっているようだ。

だから、体育も普通にこなしている。
マラソン週間もひたすら走ったようだ。

体育の跳び箱も、
「ヘッドスプリングで突き放す技をやって、すっごく、楽しかったんだよ。」
と報告してくれた。

何をしても、今のところ元気!
高橋先生のブラッドパッチ効果が、抜群に効いてるスミだ。

勉強への意欲も出てきたようで、
「チャレンジをやってみたい。」
と言い始めて、お友達から紹介はがきをもらった。

夫には、
「3カ月更新だから、やらなかったら即止めるからね。」
と言われた。

それが、まるで受験生?かのように、市の学習室なるものへ行き、
そこが開放している時間をめいっぱい使って、
宿題→チャレンジ→英検
と勉強をしてくる。

1年間は、習い事は一切禁止!ゆっくり過ごすこと。
と言ってあるのだが、まるで塾に行ってるかのようだ。
20:00まで開放している時は、20:30に帰ってくる。

今までは、全然気にしてなかった、テストの書き間違いミス、
「くっそ~!見直せばよかった!」と、くやしがるようになってきた。

もうすぐ、中学生。
スミは、近所の市立中学へ体験に行く。
部活の体験で、何を選んだのかドキドキして聞くと
「吹奏楽部」
「なんで?」
「楽器を弾いてみたいから。」

あ!そういえば、
「高橋先生ギター弾くんだっけ。楽器を弾けるのはかっこいいよね。」
と言ったことがある。
憧れの高橋先生に影響されたか?どうかは、分からないけれど、
どうして、また脳脊髄液減少症へリスクある吹奏楽部を選ぶのか分からない。

トランペットとか金管を選ばないように…。と願う。
できれば、打楽器とか。

何はともあれ、スミの頑張りは、何に繋がっているのだろう。
「周囲からは、息抜きをどこかでしないとダメだよ。」
と言われるほどの頑張りだ。
そんなことも何のその、ひとつひとつにやる気満々で、
頭痛やめまいが起きるかもしれないという不安と闘いながらも
我が子ながら立派にやっている。
スポンサーサイト
* Category : 学校
* Comment : (0) * Trackback : (1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: