03<< 2017/04 >>05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-05-31 (Thu)
スミは、21日から学校へ行き始めた。
重いランドセルは、私が登下校とも付き添い運んでいる。

21日の朝は、金環日食を見て大喜び。

学校では、お友達のほか、先生方のご理解の下、
楽しく全授業に参加している。
体育など、激しい動きのものは、見学だが、
「記録係をやります。」
と、自らできることを見つけて参加しているようだ。

家庭科の時間で、立っているのがつらくなると
「座っていい?」
とお友達に聞く。すると
「あっ、そうだよね。座って!」
とイスを運んで用意してくれる。

担任の先生に
「頭が痛いので、保健室に行きます。」
と言えば
「大丈夫?よく休んでね。」
と送り出してくれる。

保健室に行けば、
「ゆっくりしていってね。しっかり休んでね。」
と温かく迎えてくれる。

おそらく、家よりも居心地が良いのだと思う。
一度、登校したら早退をしない。

なので、先週は欠席・遅刻・早退ゼロを達成した。

一週間、完璧に学校へ行けたのは、
脳脊髄液減少症になってから、初めてのこと。

このように、スミが学校を大好きと思えるのは、
今までの脳脊髄液減少症を認知させようと
頑張ってこられた皆様のおかげである。

もしも、皆様の働きかけがなかったら・・・と想像すると
私は、今、理解者探しに奔走していたと思う。

見た目では、判断できない症状を「理解してください」と
言ったとして、どれくらいの人が寄り添ってくれるのだろう。
だから、学校での出来事の報告をスミから聞くたびに
「ありがとうございます。」
と胸がいっぱいになっている。

たくさんのご苦労が、国を動かし、
もうすぐ形になるようで、それも感動している。
皆様のおかげで、スミは生活を楽しめるようになってきました。
本当に、本当に、ありがとうございます。
スポンサーサイト
* Category : 学校
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: