03<< 2017/04 >>05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-06-27 (Wed)
あえて名づけるならば、燃え尽き症候群?
そんな感じのスミがしばらく続いている。

宿題をやり始めても、ぼーっとしてて、
「手が止まってるよ。」
と、夫や私が声をかけて
「あ!うん。」
を繰り返す。

ちょっと見てないと、宿題を途中で広げたまま
スミの姉や弟に
「一緒に将棋やろう。」
と言い、自分から誘って遊んでしまう。

宿題の音がしなくなった、やけに静かだ。と思って見ると、
読書している。
「終わったの?」
「あ、終わってない。」

スミに、「宿題やろうね!」と3年生ぐらいからは
言ったことがなかった。

だけど、今・・・。スミはできない。
こんな風だから、宿題に5時間かかる。
○漢字の書き取り・ノート1枚くらい
○音読
○計算問題20個
たった、それだけのものなのに。

全然集中できない。

体操に週6回行きつつも、学校の課題を完璧にこなしていたのが
別人のようだ。

「脳脊髄液減少症で頭が痛くて宿題ができなかった。」という
そのクセ?がついてしまったのか、それとも
脳脊髄液減少症の集中力がなくなるという症状なのか、
目標を失ったからなのか、なぜか分からない。
スミ自身も「なんで?と聞かれても困る。」と言う。

「スミのやる気スイッチは、どこだろうね?」
と聞いたら、自分で頬を押して、
「カチッ。ブィーン、ブィーン……。」
と机に楽しそうに飛んで行ったと思ったら、ため息をついていた。


「最低限の宿題は、やろうよ…。スミは何になりたいんだっけ?」

「医者。高橋先生のような、脳脊髄液減少症の人を助ける医者になる。」

と、立派なこたえが返ってくるのに…。
自分でタイマーを持ち出して「10分以内」と計ってもだめ。


なぜなのか分からないが、
「それでも、スミは元気に生きている!」
ありがたいことだ。
自分からできるようになるまで、待つしかないかな。

毎日、筋肉痛と手の皮むけを我慢しながら、
体操の練習を頑張っていたのを突然辞めたということと、
脳脊髄液減少症の苦しさから抜け出せたということで、
一時的に、燃え尽き症候群になっているだけだ…、と願いたい。
スポンサーサイト
* Category : 学校
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: